福利厚生の質で選ぶなら医療業界は悪くない

医療業界は割とコンプライアンスがしっかりしています。
病院は地域や自治体との繋がりも強いので、中途半端なことはできないのです。
労働法規もしっかりと守ってくれますし、働く人のこともしっかりと考えてくれています。
中小の病院でも、大企業並みの福利厚生が整っていることが多いです。
医師や薬剤師など、上位の資格を持っていれば、普通のサラリーマンには到底できない働き方までできます。
具体的に言えば、週休三日という働き方も選択できるのです。
もちろん、週休三日だからといって年収が大幅に低くなることもありません。
それでもまだ一般のサラリーマン以上の収入を維持し続けることができます。
長期休暇も比較的取りやすいですし、家賃手当や交通手当も出してもらえるケースが多いです。
中には家族手当や資格手当をくれる病院もあります。
資格取得までには長い時間がかかりますが、一度資格を取得してしまえば、後は一般のサラリーマンより有利な立場で働いていきやすいのです。